アルファード中古車の4WDと2WD

アルファード中古車は4WDにする!?

アルファード中古車の4WDは雪国で大人気ですね!

 

格好いいアルファードでさっそうと走りたいあなた。

アルファード中古の4WD

2WDか4WDか、どちらにしますか。

 

4WD(four wheel drive)は
車の4つあるタイヤすべてに駆動力を伝え、
4つすべてを駆動輪として用いる方法=4輪駆動をいいます。
AWD(all wheel drive:全輪駆動)、
もしくは四駆と表現されることもあります。
ちなみにヨーロッパでは、4輪のうち、4輪が駆動輪という意味で
4x4(four by four)とも呼ばれています。

 

一般的な2WDの車は、
前後どちらかのタイヤ2つに動力が伝わって走ります
(FF:前輪駆動、FR:後輪駆動)。

 

アルファードの2WDはFFです。

 

アルファードの4WDは雪国で活躍 

 

4WDが力を発揮するのは雪道や砂地・ぬかるみを走るとき。

 

雪が積もる地方なら、2WDとは全く違い、発進時にすべりにくいです。
(当然、4輪ともスタッドレスタイヤに交換してくださいよ。)

 

また、砂地・ぬかるみでは全輪駆動ゆえに2WDのアルファードならはまってしまって牽引、なんていうときも4WDのアルファードなら通過、と大きな差が出ます。
(あ、過信してぬかるみに突入! とか、やめてくださいよ。)

 

また、高速道路で横風が強いとき。
ミニバンは横風の影響をモロに食らいますが、2WDに比べて4WDには安定感があります。

 

逆に雪道は走らない、アルファードで街中を普通に走るだけとなると、4WDではなく2WDで十分かもしれません。

 

 

4WDは2WDよりも

 

  • 車体価格が高い
  • 車の重量も重くなり、燃費も悪くなる
  • タイヤの減りが早い
  • 車重が重いため制動距離が長めになってしまう
  • 小回りがきかない

 

といったデメリットが生じます。

 

 

山道を登ったり、乗車人数フルで乗ったりというときは、2WDか4WDかというよりも、アルファードの車重とパワーが関係してくるので、排気量のより大きな2WDのアルファードを選ぶべき、ということになります。

 

最近は「売るときのことを考えて車を買う」ということを意識する人もいるようです。

 

参考までにアルファードの中古車市場で人気で査定が高いのは、排気量の小さい方の2WD車です。
雪国に限っては4WDのアルファード中古車の方がよく売れていますよ!

 

 

⇒アルファード中古車をお得に探すならコチラ